【闇の天使 目次録 1.1】
「動機は悪くない」

人間とは悲しい存在なのかもしれません。

何か悪いことがおこったり、悪いことをしてしまった場合も、
元をたどれば、ほとんどのケースで「幸せになりたい」「何とかしたい」
などの動機が存在しています。
あの捕まった自動車会社の元会長さんも、
「自身の欲を満たして、幸せを感じたい」という最初の動機自体は
決して悪いものではないでしょう。
(誰にでも多かれ少なかれ存在する感情なのですから。)

だとするならば、まずは元々の悪くない動機があったことを
まずはしっかり認めることが大事だと考えられます。

そのうえで、動機は正しくとも悪いことにつながるという
悲しさを受け止めていく必要があるのではないでしょうか。