2018/11/12に食べました。

JR千葉駅には、すさまじく昭和の香りがするトンかつ弁当という駅弁があります。
そしてこのお弁当には、容量増大版もあります。

製造元はおなじみの万葉軒

ジャンボトンかつ弁当(¥600)

yDSC_1213

yDSC_1214

yDSC_1216

yDSC_1218


構成は通常版とほぼ同じ…と思いきや、漬物中心だった付け合わせが、
煮物とソーセージになっています。
ソースカツ丼の容量増大と併せて、選ぶポイントになるでしょう。

肝心のソースカツ丼は、通常版とほぼ同じ味。
ペラペラなカツですが、そのおかけで、駅弁としては破格の値段を実現しています✨


都道府県の特産品 駅弁編―調べてみよう

中古価格
¥2,888から
(2018/11/23 20:26時点)


三宅智子の駅弁女子ひとり旅


毎日のマクロビオティックみなみ屋さんのお弁当

中古価格
¥30から
(2018/11/23 20:27時点)